観光×GIS×地図

山岳の立体表現や鳥瞰図は、かつて職人的な手作業で作成していましたが、GISとPCの処理能力の向上で、よりリアリティーと情感ある風景が描けるようになりました。当社にも鳥瞰図を得意とする社員は数名いますが、同じPCを使っても、ブレンドするデータや組み合わせるソフトの違いで微妙に色合いや表現に個性が出てきます。それは手書きやエアブラシで山の暈しを描いていた時代と変わらない「職人芸の味」と言えるでしょう。作例の図は最も活用シーンの多い観光分野での活用ですが、鳥瞰図で地形を平面の地図以上にわかりやすくすることで、防災を啓発するような場面でも活用されています。