生活×サイン×地図

サイングラフィック事業は1997年の創業100周年を契機に「次世代につなぐ新規事業」として開始した事業ですが、すでに20年以上の歴史があります。当時、「地図以外のニーズ探りたい」という信念と「バスのラッピング広告解禁」というチャンスも重なり、現在では重要な売上の柱の1本として定着しています。当社でサインと言えばラッピングバスですが、地図と最も親和性の高いサインは実は地図案内板です。当社では市民向けの生活ガイドマップを多く手がけていますが、サインと組み合わせることで、より効果的な活用が図られます。作例は地図の躯体を含めたデザインコンペで受注した案件です。